☆☆☆WHAT'S NEW☆☆☆

2016年12月30日の企画をもちましてthe ponocasは解散することになりました。

人に愛され、支えられて感謝してもしきれません。
本当にありがとうございました。

各メンバー、それぞれの思いもありますので、各コメントを残させて頂きます。

the ponocasに関わって頂いた全ての方に感謝を

ありがとうございました!!


FUMIYA


お知らせした通り2016年でthe ponocasは解散します。
些細なきっかけで始めたバンドがここまで、地元のみんなに愛されるバンドになるとは正直、思っていませんでした。
3人で始めて、ケンタさんが加入して、ナオヤがサポートから加入になって、いっぱい笑ったし、悔しい思いや悩んだ時もあったけど、全部が良い思い出でしか有りません!

それは単純に2人のことが好きだから!
なので寂しくはありません。
最後まで笑っていれると思います。

終わりは次の始まりです。
これからも別々の道ですが、3人をよろしくお願いします!

12/30、最後の音が終わるまで全力で挑みたいと思います!!


 KENTA

いつもありがとうございます。
発表した通りthe ponocasは2016年をもって解散します。

誘われて加入してから3年。
以前のバンド活動とは違ってバンド最優先という訳ではなく、家庭をもってたり学生のメンバーもいてやれる範囲でのバンド活動。

その中で掲げた僕の中でのイメージを言葉にするとすればライブハウスが地元のみんなにとってディズニーワールドのような非現実であって、かつ通うのが普通になる事。
型を少しだけくずした超ローカルindies of indiesスタイルを決めてました。

最初のうちは形にならない事だらけで、思いもうまく伝えられず苛立ちや落ち込む事の方が多かった。

それでもその中で『それでも楽しい』が原動力になってて、気付いたら新しい仲間が1人づつ確実に増えてきて、またバンドが僕の生きる力になってました。

少しづつだけど基盤が出来てきて、毎回のライブもそれ以外の音楽に関わる時間も本当に楽しく、心から笑えていて気持ちは満たされてはいたのですがどこか埋まらない心の隙間があり、ずっと葛藤が続きました。
何度も何度も数え切れないほど悩んで去年、脱退を決めました。

もちろん音楽は辞めるつもりなんてないしより上を目指す為の選択です。
今後はバンドをつくるのか、加入なのか、金沢を離れるのか、正直まだ具体的には決めきれてませんが年内を全力でthe ponocasをやりきって答えを見つけようと思ってます。

風まかせのようですが、これまでも今にケリをつけることで道が開けてきたので、しっかりと最後の音が消えるまで死ぬ気でやりきろうと思います。

もちろん先の不安はものすごくありますが、挑戦した先の未来の興味も大きいです。


一つだけ言いたい事があります。
今がベストです。
決して今が嫌になった訳ではありません。
この前のHappiness Soundsの時に両日、全バンドのライブを見てて、ツアーで戦ってる県外バンドのライブは悔しかったけどやっぱり音の説得力は強かった。より彼らをリスペクトしたしさらに好きになった。
でも地元の仲間のバンドのライブも決して負けてなかった。
そして彼らからのMCでの等身大の言葉を聞いてて、真っ直ぐで、熱くて、不器用で今後の地元シーンに希望しか感じなかった。

イベント後にキラキラな目で楽しかったー!!最高だった!!バンドしたいって話してる興奮ぎみのたくさんの10代中心の若い子達の表情を見てて、心に訴えかけるモノがありました。

有難い事にthe ponocasの中で僕がやれる事は現時点ではもうやり尽くしたなって思ったし、今後はばっちり若手達がよりばかデカイ波を起こしてくれる気がして今からワクワクしてます。

綺麗ごとだろって何言われてもいいんだけど、どれだけ札束を積まれても得る事が出来ないモノがある。それをこの3年間で得る事が出来た僕は幸せ者です。
本当に関わってくれたみんなのおかげです。
ありがとうございました!

年内まだまだ残された時間はあるし、まだまだ攻めの気持ちで最後に全力で足掻いて締めたいと思います。
残された日々、みなさん一緒に楽しんでいきましょう!
Ba/cho KENTA

 NAOYA

the ponocasは2016年12月30日(金)金沢vanvanV4のライブを最後に解散することになりました。

2014年、夏。なかなか前を向けない時期にケンタさんから1本の電話があって、それがポノカスのギターサポートのお願いでした。
僕がまだ高校生のとき、地元の小さなライブハウスにも全国ツアーでライブをしに来ていたケンタさんとこれからは同じバンドをする。楽しみな半面不安が多かった冬。
慣れないながらにスタジオに入って、ライブをして、2015年、気付いたら正式メンバーになって、フミヤさん、ケンタさん、タカキさんの3人から仲間として快く迎え入れてもらえたのが本当に嬉しい気持ちでした。
そうやってthe ponocasにメンバーとして加入して、このバンドをきっかけにたくさんの先輩後輩同期のバンド仲間が出来ました。ライブと打ち上げで仲良くなった仲間は今もイベントとかライブハウスで会う、僕にとってかけがえのない存在です。
ライブはもちろんだけど、打ち上げとか飲み会でたくさん馬鹿なこともやったし、気付いた時にはいつの間にか朝になってる日も多くて、最高に面白いやつらともたくさん出会えた2年間でした。

the ponocasとしての活動は今年2016年でおしまい。でも決して後ろ向きなものではないです。メンバーそれぞれが進みたい前を向いてる。
田舎町、売れてないちっぽけなローカルバンドなりにも、このバンドで培ったものは絶対に忘れたくないし、前向きに次へのステップにしたいなと思っています。

今まで同じステージで音を鳴らし合ったバンド仲間の皆さん、ライブハウス関係者の皆さん、ライブに遊びに来てくれたお客さん、本当にありがとうございました。

最後にわがまま言うと、
2016年、最高にハッピーな笑顔で終わりたいんです。そのためには俺らが最高に良い1日にします。
ラスト12月30日(金)金沢vanvanV4、是非遊びに来てください。よろしくお願いします。

☆☆☆NEXT LIVE☆☆☆